過去を占なう場合と未来を占なう場合

2014-04-16

前世が何かということを知りたいと思う人は多いでしょう。特別将来について占なってもらいたいと思っていなかったとしても、また、輪廻転生や生まれ変わりというようなことを信じているというわけでもなかったとしても、自分自身がどんな前世であったかというようなことに興味を示す人は多いわけです。
それは、未来を占なう場合には、当たる占いかどうかということも考えなくてはいけないわけで、その占い結果についても将来的に気にして生きることになるかもしれないということになるわけです。そして、あまり知りたくないと考える人もいるというわけです。
当たる占いかどうかということとは関係なく、未来の事は無理に知る必要はないということなのかもしれません。当たる占いかそうではないのかということも、未来になってやっとその答えがわかるわけです。それまで待てないということもあるかもしれません。そのときが来て、当たる占いではなかったというようなことであったとしたら、それまで気にしていたことも無駄になってしまうわけです。そんな不確かなことにかかわっていたくないと考えることもあるわけです。
しかし、前世占いのように、過去の話ということであれば、それがたとえ当たる占いだとしてもそうではなかったとしても、特別生活に影響を与えるようなものでもないわけです。それに、自分が誰の生まれ変わりだったかというようなことを知っていれば、話題がないときに役立つこともあるわけです。
また、もし歴史上の人物が前世だというようなことであれば、ちょっと嬉しくもなるでしょう。もしかしたらモチベーションが上がって仕事や生活に張りが出るということになるかもしれません。同じ占いでも、過去の事を占なう場合と未来の事を占なう場合とでは、かなり違うということになるわけです。そして、過去であれば楽しく占なってもらえることも多いというわけです。

Copyright(c) 2014 当たるオススメの占い一覧 All Rights Reserved.